パソコンが得意は医療事務に断然有利!

現代では小学生からパソコンを学んでいる時代なので、ある程度パソコンを操作できる人は多いと思います。一般企業でも、パソコンがある程度使えることが就職の条件となっているところがほとんどです。同様に医療事務の現場ではパソコンスキルが必須です。それは患者として通院した時に、病院の窓口や会計処理の様子を観察すれすぐに分かります。今時 手書きの支払い明細や処方箋を受け取ったことがあるでしょうか?そうです、医療事務では常時パソコンが使用されていますので、パソコンが得意な人は医療事務の仕事に就くで断然有利であると言えます。

image

たとえば、患者の受診受付時に提出する受信カードもしくは名前で受信登録をして受信票を印刷する作業、診察が終わって返却されるカルテから処方箋を出力したり、診療報酬を計算したりする場合も必ずパソコンの操作が必要です。

今後、既に大きな病院に導入されている電子カルテや電子レセプトなどのシステムが、診療所など小規模な医療機関にもかなりの程度普及することが考えられます。

確かに病院や診療所によって導入しているシステム(ソフトウェア)はまちまちです。しかし、文字入力方法や文書の作成、マウスの使い方、パソコンの起動や終了方法、メールの送受信、簡単な表計算の利用法は必須と考えた方が良いでしょう。

今でこそインターネットが普及しており、これから医療事務の資格を目指そうとしている人はある程度のパソコンの知識を持っているで心配する必要はありません。しかし、スマホやタブレット端末しか利用したことがないという方は、基本的なパソコンの利用法を学んでおくことは必須と言えます。最低でも、文字入力はマスターしておくことを強くお勧めします。

パソコンの基本的な使い方をマスターしておくことはIT化が進んでいる医療現場には必須といえます。医療事務の資格を目指している方でパソコンが苦手という方は、日ごろからパソコンを利用してある程度使い方に慣れておくようにしましょう。


女性に人気NO.1 医療事務 資料請求

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ