思いやりがあり、人の苦痛に同情できる人は資質あり

医療事務に向いていいる人として、パソコンのキーボードを流れるように叩いてデータ入力したり会計をテキパキこなすオフィスレディを連想するかもしれません。しかし、もっと根本的な資質が医療事務には求められています。それは人の苦痛や気持ちを察することができる資質です。

医者に求められる思いやりは、医療事務の仕事にも必要

患者に必要なものは思いやり

まず、私たちが患者として病院を選ぶ時に大切にしている要素を考えてみてください。腕がよい医者が勤務していることは最大のポイントであることは間違いありませんが、医者/看護師/受付窓口の対応の仕方も病院選びの大きな要素ではないでしょうか?

患者に必要な資質や思いやりや同情心

患者の多くは医者が自分の話をよく聞いて、親身になって対応してくるなら、痛みや症状が和らぐのを経験し処方される薬をしっかり飲もうと思うものです。そしてそのような病院をかかりつけの病院に選ぶものです。

一方、問診時に患者と目も合わせもせずにさっさと薬を処方する医者をどう思うでしょうか?もう二度と診てもらいたいとは思わないでしょう。そのような病院の多くは閑古鳥が鳴いています。

医療事務は病院の”顔”

同様のことが病院スタッフ、つまり看護師や受付/会計担当者にも言えます。医療事務の担当者は、言わば病院の顔です。病院を訪れた患者が最初に、そして最後に接するのが医療事務の職員なのです。病院全体の印象がそこで決まると言っても言い過ぎではありません。

患者が具合悪そうにしながら受付窓口に立ったら、すぐに「お名前は?」と聞いて受付をさっさと済ませるより、「大丈夫ですか?具合悪そうですね」と声をかけてから受付をしてあげるほうが、患者は安心しますし、患者の病院に対するイメージを良くすることにができます。それこそが医療事務の大切な業務なのです。

医療事務の仕事にも思いやりや同情心、人の痛みを感じれる資質が必要

とりわけ体の不自由な患者や耳の遠いお年寄り、ぐずる子供が患者として来院する時は思いやりや辛抱強さ、同情心が必要となってきます。

以上のように、事務処理がテキパキできるだけでなく、思いやりがあり人の苦痛を理解してあげられる人柄の持ち主は医療事務の仕事にぴったりの資質を持っていると言えるでしょう。


女性に人気NO.1 医療事務 資料請求

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ