スムーズなコミュニケーション能力も不可欠

どの仕事でも言えることですが、医療事務の仕事も円滑なコミュニケーション能力が求められます。医者や看護師などの医療スタップだけでなく、患者やその家族、さらには他の医療機関者とのコミュニケーションを図る必要が頻繁にあるからです。

コミュニケーション能力は医療事務に必須の能力

他の医療スタッフとのコミュニケーション

医療事務の仕事はパソコンと向き合うことが多いですが、常時 感情を持つ人間を相手にするものです。それはすべて患者の治療と福祉が目的になっています。

医療分業が進み医療事務を専門とする職員は、医療スタッフができるだけ患者の治療や世話に集中するために、様々な雑務をこなす必要が生じます。ですから絶対必要なのはコミュニケーション能力です。ゆえに就職面接では、面接者の質問に対する的確な回答というよりは、どれほぞ上手にコミュニケーションを行えるかが問われます。

とりわけ病院という人間の命を相手にする環境ですから、現場にストレスや緊張が走ることも多いものです。ですから、現場では医療事務の職員も笑顔を絶やさないことが大切です。いつも医療スタッフにねぎらいの言葉や感謝の言葉を掛けるように心がけます。

他の医療スタッフとのコミュニケーション能力が医療事務の職員には必要

時にはカルテが不明瞭なために処方箋や診療報酬明細が出せないこともあるかもしれません。その場合、医師に直接聞くことが必要なり、そこでもコミュニケーション能力が試されます。

患者とのコミュニケーション

さらに、受付や会計、入院案内などで患者を相手にする業務でも、上手なコミュニケーション能力が必須です。

患者は様々な不安を抱えて来院し、最初に顔を合わせる病院関係者は医療事務の職員です。少しでも不安を払しょくしてあげ、病気に向き合うように手助けしてあげるためにも円滑な意思の疎通が必要ではないしょうか?

時には待合室の患者が「あとどれほど待たねばならないのか?」とか、清算時に「今日はいつもと同じ治療だったのに、請求金額がどうして違うのか?」と不満を漏らすことあります。そんな時、職員が上手に対応しないと患者は不満を募らせ、治療方針に不安を感じたり、病院に対して悪感情を持ってしまいかねません。

さらによくありがちなこととして、患者が病気や治療について質問してきます。医療事務の職員はその病気についてよく知っているおり、返答が可能かもしれませんが、慎みを示して医師に尋ねるように優しく勧めるには上手なコミュニケーションスキルがないと不可能です。

以上のように、医療事務のスキルには、医療スタッフや患者との円滑なコミュニケーションを図るための能力が含められます。

 


女性に人気NO.1 医療事務 資料請求

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ