診療報酬請求事務能力認定試験は一難易度は高いが一番有名な資格

診療報酬請求事務能力認定試験は(公財)日本医療保険事務協会が平成6年から実施している医療事務の資格。30以上ある医療事務の資格の中でも一番有名で、医療機関からも最高評価を与えられています。

診療報酬請求事務能力認定試験は難易度は高いが一番有名な資格で高評価をもらえる。

難易度は高いが一番有名な資格

診療報酬請求事務能力認定試験は、診療報酬明細書(レセプト)作成のプロフェッショナルを認定することが主な目的で、医科と歯科に分かれてます。年間1万7,000人程度の受験者数で、合格率は約30%。

診療報酬点数表に関する詳細な知識と算定能力が求められます。医療事務の資格でも難易度が高い資格となっていますが、合格者は多くの医療機関で優遇されやすい技能認定保持者とみなされます。

特徴と試験要領

診療報酬請求事務能力認定試験の特徴と試験要綱は以下の通り。

特徴 医科または歯科における診療報酬請求事務を正確かつ迅速に行える等の資質向上が目的。
受験資格 不問
試験内容 それぞれマークシート式の学科試験20問および、医科と歯科に分かれたレセプト作成実技試験(合計3時間)
学科の出題範囲は以下のとおり。
[1] 医療保険制度等
[2] 公費負担医療制度
[3] 保険医療機関等
[4] 療養担当規則等
[5] 診療報酬等
[6] 薬価基準、材料価格基準
[7] 診療報酬請求事務
[8] 医療用語
[9] 医学の基礎知識
[10] 薬学の基礎知識
[11] 医療関係法規
[12] 介護保険制度
*テスト会場への診療報酬点数表や他の資料の持ち込み自由。
実施時期 年2回(7月、12月の日曜日または祝日に実施)
受験料 7,500 円/回
受験会場 以下の都市の公共施設札幌市、仙台市、さいたま市、千葉市、東京都、横浜市、新潟市、金沢市、静岡市、名古屋市、大阪府、岡山市、広島市、高松市、福岡市、熊本市、那覇市
合否判定 第38回(平成25年7月15日)における実績
合格ライン:医科(学科・・・60点、実技・・・74点)、歯科(学科・・・80点、実技・・・87点)
合格率 医科・・・32.7%、歯科・・・33.7%
問い合わ先運営者 公益財団法人 日本医療保険事務協会
住所:〒101-0047 東京都千代田区内神田2-5-3 児谷ビル
TEL:03-3252-3811,FAX 03-3252-2233
Webサイト: (公財)日本医療保険事務協会

以上のように診療報酬請求事務能力認定試験はかなりの難易度ですが、医療事務のキャリアを積みたいと考えている人が一度はトライしたい資格となっています。是非目指してください。

 


女性に人気NO.1 医療事務 資料請求

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ