医療事務に資格は必要?

医療事務の職に就くには、必ずしも資格が必要ではありません。それでも資格があると就職や転職に断然有利です。なぜでしょうか?

医療事務の資格取得者は就職に有利

民間の資格だけど断然有利

医療機関に努めるには医師や看護師のように国家資格が求められるようなイメージを持つかもしれません。しかし、医療事務は資格がないと働けない職種ではありませし、現在 医療事務の職員として働いている人でも資格がない方も多くいます。

医療事務の資格といっても国家資格のような公的な資格は存在しません。あくまでも民間の資格です。その数は30種類以上。でも就業の条件ではない資格がどうして30以上もあるのでしょうか?

それは、医療事務という職業に広範囲かつ専門的な知識が求められているという点にあります。これらを働きながら身に着けて一人前の職員になるには時間がかかるのは当然です。

一方数ある医療事務の資格のうち一つでも取得しているならどうでしょうか?採用者に現場で即戦力となる知識や技能をある程度習得していることを客観的に証明できるので、就職や転職に断然有利になることは間違いありません。求人でもしばしば「資格取得者優遇」という記述があります。

医療事務の資格があれば面接時に有利

働きながら資格を取得可能

資格を持っているいることが優遇されるので、現在医療事務で働いている人がキャリアアップを図って、新しい資格に挑戦している人も多くいます。

たとえば、電子カルテや電子レセプトなどにみられる医療現場のコンピューター化のために「医事コンピュータ技能検定試験」や「医事オペレータ技能認定試験」に人気が出ています。この種の試験に合格して資格認定を受ければ、これからコンピュータを導入しようとしている中小の医療機関が喜んで医療事務職員として雇ってくれることは間違いありません。

受験資格や試験の内容

上記のとおり医療事務の資格はあくまでも国家資格ですうから、大卒などの受験資格は存在しないことがほとんどです。

では各種の医療事務資格試験はどのようなものでしょか?まず、試験は大きく「医科」と「歯科」に分かれており、いずれかを選択します。さらに、試験内容は「実技」と「学科」があります。

「学科」の多くは医療保険の知識を問う選択問題がほとんどです。また「実技」としては、医療事務の専門業務である「レセプト作成」を実際に作成します。その実技でカルテを正確に読み取り診療報酬を正確に算出する能力が問われることになります。

以上、医療事務の仕事に就くためには、必ずしも資格が必要ではありませんが、資格を持っているなら就職や転職に断然有利であることは間違いありません。



女性に人気NO.1 医療事務 資料請求

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ