調剤報酬請求事務技能認定ー通信講座などの受験資格が必要

調剤報酬請求事務技能認定は、医療事務のメディカルクラーク試験を実施している日本医療教育財団が実施するもの。特定の通信講座や学校のカリキュラムの修了者が受験可能となっています。

調剤報酬請求事務技能認定は合格率が高い

調剤報酬請求事務技能認定は、高い合格率を誇りますが、承認された教育機関で所定の教育訓練ガイドラインに沿ったプログラム課程の修了者にのみ

受験資格があります。専門学校だけでなく通信講座もありますのでハードルが低くなっています。

受験要領

特徴 他の調剤報酬の医療事務と同様に、調剤請事務の知識と技能を評価し認定するもの。
受験資格 所定の教育機関で定められた教育カリキュラムの終了者。
試験内容

学科:医療保険制度、高齢者医療制度、公費負担医療制度、医事法規一般、薬学一般、保険薬局業務

実技 :調剤報酬明細書の作成と点検

試験時間は80分で資料持ち込み可能。

実施時期 随時
受験料 3000円/回
受験会場 各教育機関
合否判定 学科および実技の正解率が90%以上で合格。
問い合わ先運営者

一般財団法人 日本医療教育財団
住所:〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-10
TEL:03-3294-6624

Webサイト:日本医療教育財団

短期の通信講座があるのでお勧めです。



女性に人気NO.1 医療事務 資料請求

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ