受付業務ーあなたが病院の顔になる

患者が来院する時に初めて会うのは受付スタッフです。ですから医療事務の受付業務は、病院の顔としての仕事です。笑顔を絶やさず臨機応変なおもてなしが必要です。

image

受付業務は医療事務の代表的な仕事です。資格を取得する際の知識以上に人間性が問われる業務と言えます。なぜなら助けを求めて来院する患者を思いやり深くもてなし、安心して受診してもらうことが大切な役目だからです。

受付

この業務は、自分が患者として病院に行った時のことを考えると、おおよそ検討が付くでしょう。受付業務は以下のような流れで患者が医師の診察を受ける準備をします。

まず初診の場合、保険証を提示してもらい、問診票に名前、住所、生年月日、症状、アレルギーなどを記入してもらいます。大抵その間に保険証に基いてカルテの作成や診察券の準備をします。その後、問診票に基いて受診科へ患者を案内すると同時にカルテも搬送します。患者が再診なら、カルテを搬送し、患者を受診科へ案内します。

予約済み検査だけの場合、受付を終えてレントゲン室や各科の検査室に直接案内します。

医療事務の受付業務の流れ、問診票の記入、保険証の確認、診察券の発行、カルテの作成、患者案内、会計とレジ。

患者案内は、大きな病院では大切な仕事になります。総合病院は迷路のようになっており、各階の案内図や床の誘導線の色で丁寧に説明する必要があります。口頭だけで受診科(内科や外科など)に行き着くことができる患者もいれば、それが難しい患者もいますので柔軟な対応が必要です。患者に不安な感情や不信感を抱かせないようにします。

会計

患者の診察が終わると会計で清算が必要です。医事課で発行された請求書兼領収書で、患者の自己負担額を清算したり処方箋を手渡します。レジの扱いには慎重さとスピードが求められます。

医療事務スタッフが医事課で発行された請求書兼領収書で清算する

医療事務の心構え

受付業務は病院の顔といえる仕事です。患者が最初と最後に接するのが医療事務受付スタッフです。その業務態度が患者の病院に対するイメージにかなりの程度影響を与えるものです。長年この医療事務の職員をしている人たちは皆口をそろえて「気配りが大切」と唱えているのはそのためです。

  • 笑顔・・・患者は具合が悪く不安な気持ちで来院する場合がほとんどです。笑顔で迎えて少しでも不安を和らげてもらうのは、医者にはできない医療事務職員の仕事です。
  • 患者の特徴を覚える・・・かかりつけの病院として選ばれる理由は単に「便利な所にあるから」だけではありません。思いやり深い職員が働いているという点も選ばれる重要なポイントです。ですから、再診される患者の特徴を覚えて親しみの深い存在となるように勧められています。
  • 機転・・・毎日予想がつかない現場。時には強く症状を訴える患者や急患が来ます。また、インフルエンザシーズンなどひどく込む時期もあります。そんな時はストレスがかかりイライラするものです。ですから、状況に応じて機転を利かせたり柔軟さを示すことが求められます。医療事務の資格試験では測れない特質が求められるのです。
以上のように、受付業務は病院の顔としての医療事務スタッフの重要な仕事です。思いやり深く、正確かつスピーディーな仕事運びが求められます。

 


女性に人気NO.1 医療事務 資料請求

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ