入院患者と医療スタップのパイプ役である病棟クラーク業務

医療事務の仕事内容には病棟での業務があります。それは多くの場合病棟クラーク業務と呼ばれています。ではどんな仕事内容でしょうか?

医療事務の仕事内容としての病棟クラーク業務

先回の説明した外来クラーク業務が外来患者と医療スタッフのパイプ役だったのに対し、病棟クラーク業務はナースステーションの事務的な補助スタッフです。いわばナースステーションの秘書的な存在と言えるかもしれません。

入院受付

患者が入院が決まると、その事務的な手続きは外来クラークとしての医療事務スタッフが率先して行います。院長は担当医の推薦によって入院指示書を発行します。患者はそれを病棟クラークに届けます。これが入院受付です。(病院によっては、入院指示書は患者を経由することはありません。)

病棟クラークは、その入院指示書に従って関係する部署に連絡、患者が入院するに際に必要な備品を準備します。さらに、患者には「入院の心得(ご案内)」、承諾書など入院に必要な書類を準備し入院手続きのお手伝いを行います。

医療事務 職員が準備する入院手続き書類

入院患者のお世話

さらに、入院中の患者が適切な治療を受けられるように医療スタッフとの橋渡しを行います。医師の指示にしたがって入院スケジュールを作成管理し、それに基いて食事の手配、介助、入浴などを計画します。

患者の退院時にも院長から発行された退院指示書に基いて、事務的な世話やその後の手続きを案内します。

以上のことから想像できるように、病棟での医療事務は外来と違って患者とふれあう機会が多いといえます。それで病棟クラークは患者との思いやり深いコミュニケーショ能力が試される業務です。

さらに、病棟は各階ごとに専門科が決まっていますので、ナースステーションごとの担当 病棟クラークはある程度の医療知識があると連絡もスムーズになるようです。

なお、病院によっては上記の病棟クラーク業務の多くを看護師が行っています。

以上、医療事務の仕事内容としての病棟クラーク業務は特定の患者や医療スタッフと接する機会が多いので、高いコミュニケーション能力や気配りが求められる業務となっています。



女性に人気NO.1 医療事務 資料請求

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ