レセプト作成や会計など多岐にわたる医事課業務

プロフェッショナルとしての医療事務の真価が問われるのは、なんといってもレセプト作成を含めた医事課業務です。医療事務の多くの資格試験はレセプト作成能力が試されます。ではどんな仕事がなされるのでしょうか?

医療事務の仕事でもっとも専門的な業務は医事課におけるレセプト作成です。

レセプト作成業務

医事課では、カルテの管理に加えてレセプト作成業務が大事な仕事となっています。

レセプトとは、病院などの医療機関が保険者(健康保険組合など)に被保険者(患者)の医療を請求するための請求書、つまり診療報酬明細書のことです。(調剤薬局の場合は、調剤報酬明細書)

会計業務で患者には医療費の自己負担金を請求しますが、残りは月ごとに被保険者に請求し医療機関の健全な資金繰りを維持します。ですから、レセプト作成業務は病院の運営上 要となる仕事です。それだけ医療事務職員としてやりがいのある仕事と言えます。

現在 多くの病院ではレセプト作成はコンピューター化されており、かなりの程度作業が軽減しています。しかし医療事務の資格試験では必ず出題されますから、その流れを紹介しておきます。

まず、看護師や医療事務職員が患者の診察ごとに会計カードに登録します。そして月に一度、会計カードをもとに患者ごとに診療報酬明細(レセプト)を作成し、作成されレセプトが正確かどうか医師のチェックが入ります。

こうして医事課で無事に作成されたレセプトは審査機関である「国民健康保険団体連合会」や「社会保険診療報酬支払基金」に提出されます。ここまでを翌月の10日までに終えなければなりませんので、医事課は月初めが大忙しです。無事に審査を通過すれば、保険者から診療報酬が病院側に支払われることになります。

レセプト(診療報酬明細書)の作成と提出の流れ

ここで怖いのは審査機関から差し戻されるレセプト返戻(へんれい)です。レセプトには医療行為や投薬内容がすべて具体的に記されていますが、間違った計算や不正請求が発覚すると差し戻されて書き直しが求められます。その場合、翌月に再提出となりますので、支払が遅延します。ですから、医療事務の仕事の中でもレセプト作成は神経を使う業務となってきます。

以上が医療事務の根幹となるレセプト作成業務でしたが、最近では電子化されたカルテから、レセプト作成や審査機関へのオンライン提出までコンピューターが処理するシステムが普及しつつあります。しかし、診療所など小規模な医院では一部手作業が欠かせない職場もあります。

他の業務

他にも医事課での医療事務には以下の業務が含まれる場合があります。

  • 未収金リストのまとめや督促・・・保険診療では1割~3割の自己負担金を患者に請求します。しかし、患者自身の何らかの事情で支払いが滞ることがあります。その未収金を回収するため仕事です。
  • レントゲンフィルムの管理・・・最近は多くの病院が電子的にレントゲンデータをコンピューターで管理していますが、依然としてフィルムを利用している医療機関もあります。
  • 「病院報告」の作成と提出・・・医療機関は地方自治体の保健所に提出義務を負う「病院報告」の作成提出。
以上、医事課の代表的な仕事であるレセプト作成は、医療事務の専門的な業務です。医療事務の資格試験では必ず出題される大切なお仕事です。



女性に人気NO.1 医療事務 資料請求

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ