忙しい院長をサポートする秘書業務

医療事務の仕事の中でも特殊な業務として秘書業務があります。院長や医局の秘書として様々な雑事を行う仕事です。

院長の秘書として様々な雑事を行う医療秘書の業務

大きな病院になると、院長は医師としてまた研究員として、さらには経営者として多忙な生活を余儀なくされます。その仕事の手助けをするのが医療事務の秘書業務です。

しばしば、有名な心臓外科医や脳外科医の話がテレビのドキュメント番組で取り上げられます。そのような医師は病院で自ら患者の診療や手術にあたります。そかしそれだけではなく、医学界での研究員としての仕事もあるのです。毎日目まぐるしい生活に追われています。

そのような多忙極める医師の様々な雑事をこなしサポートするのが医療秘書です。その業務の例には、院長のスケジュールを管理したり調整したりして仕事効率的を高める手助けや、最新の医学研究報告や論文を取り寄せ、時には翻訳したりして院長の手元に常に最新の医学情報を提供できるようにすることなどが含まれます。

病院で自ら患者の診療や手術あたるだけでなく、医学界での研究員としても働きます。

なお、ハローワークや求人誌で「医療秘書」の募集を見かけますが、それには上記の秘書業務やこのサイトで紹介している医療事務の様々な仕事内容も含まれる場合があります。

以上、高度に専門的な秘書業務は受付やレセプト作成などを主な業務とする医療事務とは程遠い仕事に思いがちですが、しばしば医療事務の仕事内容として紹介されています。



女性に人気NO.1 医療事務 資料請求

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ