パイプ役の外来クラーク業務

大きな病院では医療事務の仕事内容に、患者が医師の診察をスムーズに受けられるパイプ役としての医療クラーク業務があります。では具体的にその仕事内容には何があるのでしょうか?

医療クラーク業務は患者と医療スタッフの架け橋

クラークとは本来書記の仕事のように記録や会計管理をする従業員を差します。病院でも同様に、医師や看護師などを補佐する医療クラークとしての業務があり、外来では外来クラーク、入院病棟では病棟クラークと呼ばれます。

診療所や歯科など比較的小さな医療機関ではクラーク業務は明確化していませんが、総合病院などの大きな病院では、分業が図られれクラーク業務が医療事務の仕事内容となっています。

コンピューターシステムが導入されている病院ではクラーク業務の効率化がかなり進んでおりクラークとしての仕事が軽減していますが、一般的以下のような仕事内容が含まれます。

  • 外来受付・・・外来患者の診察券を確認して診療申込みを受け付け、初診ならカルテを作成し、再診ならカルテやレントゲンなどの検査結果など資料を診察室に届けます。
  • 患者案内・・・診察の順番に患者を案内したり、検査室に連れて行ったりします。
  • 必要書類のやり取り・・・患者が複数の検査を受けたり、複数の診療科で受診する場合、必要な資料や書類が各科の医療スタッフや検査室に確実に届くように見届けます。
  • 院外とのやり取り・・・時には転院手続きの仕事も行います。また、医師による他院への紹介状、学校や職場に提出する診断書の準備などにも係わります。
以上のように、外来クラークという医療事務の仕事内容は、患者がスムーズに診察、治療、検査を受けられるようにする雑事が含まれます。簡単に言うと、医療スタッフと患者をつなぐパイプ役と言えるかもしれません。



女性に人気NO.1 医療事務 資料請求

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ