医療事務は年齢に関係なく働けます

「40代、50代になって雇ってくれるところなんて、あまりないでしょう!」というのが、よく聞く現在の就職事情かもしれません。しかし、医療事務は必ずしもその傾向に当てはまらない職種と言われています。実際、医療機関によっては若い人よりも子育ての経験のある方を優遇しているところもあります。なぜでしょうか?

年齢に関係なく働けることは医療事務の志望動機

医療事務の仕事はパソコンや会計処理が得意な人だけではなく、コミュニケーションを上手に図ったり、思いやりをよく示せる人が就く仕事と言われています。

考えみてください。患者さんの多くは助けを必要とする人ではないでしょうか?病院によっては患者の多くはお年寄りであり、思いやり示してくれる職員をありがたく感じるものです。

さらに、小児科などではどうでしょうか?子育てを終えた主婦は経験上、上手に子供の患者やその母親に思いやり示しながら応対できるので、小児科には重宝がられるのではないでしょうか?

一例として、今でこそ大きな病院の小児科で働いている主婦のSさん(35歳)。彼女は娘さんを出産して3年経過した時に、将来性のある仕事として医療事務を選択することに。それから一念発起、あらためて医療事務の資格を無事取得。今では子育ての経験を生かして、その小児科でバリバリ働いています。

そうです、医療事務の資格が人気なのは、年齢に関係なく働けるということもその一つに挙げられのです。それが強い志望動機にもなっています。


女性に人気NO.1 医療事務 資料請求

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ