複数の勤務スタイルから選べる医療事務は女性のライフスタイルにぴったり

かつて近所の歯科で社員として医療事務に励んでいたAさん。出産を機に仕事を辞めて子育てに集中していましたが、子供が学齢期に突入してあまり手がかからなくなり再び働く意欲が生じてきます。しかし子供が帰宅する時間には家に居てやりたい!実はそんなニーズにぴったりの勤務スタイルを提供するのも、医療事務なのです。

医療事務の志望動機は女性のライフスタイルにぴったりだから

女性は男性と違い、結婚と出産に関連した女性特有のライフサイクルがあります。それは、家庭だけでなく仕事でもバリバリ働きたい女性にとってしばしば不利な要素となっていますね。日本は特にそうです。

しかし、以下に挙げる医療事務の3つの勤務形態は、そんな女性のライフサイクルにぴったりと思いませんか?実はそれが多くの女性が医療事務の資格を取る志望動機になっています。(詳しくは どんな職場や勤務形態があるの? でご紹介)

まず、学校を卒業して医療事務の資格を取得。しかしすぐには希望の医療機関で正規の職員として働くことができず。しかたなく派遣会社に自分の資格や希望を登録し待つことに。しばらくするその派遣会社から紹介され、契約社員として大きな病院に就職することに。

その病院は契約社員としてのあたなたの働きぶりを評価し、めでたく正規職員として採用。バリバリ働きつつも5年後に結婚し、子育てのために退職。

上記で紹介したように、子供に手がかからなくなりパートとして再び医療事務の仕事を探すことに。そんな折にちょうど近所の調剤薬局がパートの医療事務を募集中とのことで早速応募。医療事務の資格を持っているだけでなく、以前に大きな病院で働いていた経歴を買われて即採用。

そうしているうちに子供が巣立ち、再び正規職員として医療事務に専念。

余りにもうまい話と思いますか?しかし実際このようなケースは数多くあるのです。

そうです、医療事務は女性のライフサイクルにぴったりな様々な勤務スタイルを提供してくれるのです。


女性に人気NO.1 医療事務 資料請求

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ