医療事務の需要は高齢化に伴い増えてゆく

医療事務の資格が人気の理由に、どこでも働けるというものがありました。日本全国に医療機関があるからです。加えて医療事務はますます需要を増やしているという理由もあります。高齢者の介護の仕事が増加する

たとえば、ご近所のことを考えてください。老人ホーム(介護老人福祉施設や特別養護老人ホーム)が増えていませんか。実際、都市部でも地方でも年々増えています。そのような施設でも介護報酬を請求するための専門の事務処理ができるスペシャリスト(医療事務スタッフ)がますます必要とされています。

 

それに伴い、介護関連を扱う医療事務の資格、たとえば、「介護事務管理士技能認定試験」や「介護保険事務管理士資格認定試験」に関心が集まっています。

下のグラフをご覧下さい。日本における65歳以上の人口割合が赤の折れ線で表示されています。いかがですか。右肩上がりではないでしょうか?つまり、これからますます高齢化が進み、職業別の人口割合に医療関連、特に介護関連の仕事が占める割合が増えてゆくと思われます。

(2)将来推計人口でみる50年後の日本|平成24年版高齢社会白書(全体版) – 内閣府

将来推計人口でみる50年後の日本ー65歳以上の占める割合

以上のように、65歳以上の人口比率を考慮してみると、これからますます医療関連の仕事が占める割合が増加するので、それに伴い医療事務の仕事の割合も増えてゆくことが予想されるのです。これが医療事務の資格に人気が出ている理由の一つなわけです。特に介護関連の資格に注目です。


女性に人気NO.1 医療事務 資料請求

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ