「資格の種類」の記事一覧

介護事務管理士技能認定試験は合格率5割で過去問も充実

これから需要が増えると考えられる医療事務の分野として介護事務を上げることができます。代表的な資格として技能認定振興会が主催する介護事務管理士技能認定試験があります。合格率は5割と難易度もそれほど高くありません。試験にパスするなら「介護事務管理士」の称号がもらえます。お勧めの医療事務の資格です。

調剤報酬請求事務技能認定ー通信講座などの受験資格が必要

調剤報酬請求事務技能認定は、医療事務のメディカルクラーク試験を実施している日本医療教育財団が実施するもの。特定の通信講座や学校のカリキュラムの修了者が受験可能となっています。

調剤報酬請求事務専門士検定試験ー履歴書に記載できる唯一の医療事務の資格

30以上ある医療事務の資格の中でも唯一履歴書に「専門士」として正式に記載できる資格が調剤報酬請求事務専門士検定試験です。1級から3級までありますが、1級を取得すればインストラクターになれるほど。調剤事務の最高峰の資格です。3級から段階的に取得することをお勧めします。

調剤事務管理士技能認定試験は初心者におすすめ

調剤事務管理士技能認定試験は調剤薬局に特化した初心者に易しい医療事務の資格です。

難易度の低いおすすめ資格ー医療事務管理士技能認定試験

技能認定振興協会が実施しいてる「医療事務管理士技能認定試験」は合格率50%。45年の歴史がある資格で受験者数は毎年2万人以上。医療事務の資格で人気の資格。難易度は比較的低く、キャリアと積みたい方にとってファーストステップと言えそうです。

診療報酬請求事務能力認定試験は一難易度は高いが一番有名な資格

年に2回(公財)日本医療保険事務協会が実施している診療報酬請求事務能力認定試験は医療事務の中でもかなり箔がつく資格。難易度は高いですが、それだけ医療機関から優遇されること期待できる一級レベルの資格です。

一番おすすめ医療事務技能審査試験(メディカルクラーク試験)

本格的な医療事務の資格を取得したいなら、受験者最多の医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)がおすすめです。この資格の概要と出題範囲について。

医療事務 職場や目的に応じた資格の選び方

医療事務はその多岐にわたる業務から30以上もの資格があります。その中からどんな資格を選べばよいのでしょうか?この項では働きたい職場や目的に応じた資格を紹介します。

医療事務に資格は必要?

医療事務に国家資格はなく、民間の資格しかありません。ですから、資格がなければ働けないことはないのです。でもどうして資格に注目が集まるのでしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ